コンセプトワーク

ViCoSでは、「コンセプトワーク」を病院ホームページ制作の肝と考えています。

コンセプト(concept)とは、本来「概念」を表す言葉であり、
日本語でコンセプトと言えば、「全体を通して一貫している考え方」のことです。
一つのコンセプトに基づいた制作物からは、普遍的な統一感が伝わってきます。

医療機関のホームページにおける、「コンセプト」イコール「臨床医のプロフェッショナリズム」です。
個人開業医のクリニックであれば、
院長先生の診療科、
そのサブスペシャリティ、
専門科診療に対するスタンス、
患者さんと共有する治療戦略
治療ゴールのビジョン、
それらの総和が、臨床医のプロフェッショナリズムです。

しかし、
そういった臨床医のプロフェッショナリズムを置き去りにして、
雑に作られてしまったクリニック・病院ホームページも少なくありません。

残念なことに、
どこかで見たような型通りの病院ホームページが制作され、
どこかで聞いたようなキャッチフレーズを使い回されています。

そのような病院ホームページを見て、一体誰が安心して自分の身体を任せられるというのでしょうか?

我々ViCoSは、”臨床医のプロフェッショナリズム”をコンセプトに、
掲載内容、デザイン、機能の3要素を院長先生と共に掘り下げ、
必然性を突き詰めた、最高水準の医療機関ホームページを制作します。

臨床医の魂を、深く熱く体現したクリニック・病院ホームページこそ、
患者さんが「ここなら安心して身体を任せられる」と思える医療機関ホームページです。

日々の診療に加え、
自院ホームページを通じた地域医療への貢献も考えておられる先生方、
真にプロフェッショナルなクリニック・病院ホームページ作りに取り組んで行きませんか?

メニュー