病院ホームページ制作 | 医師によるクリニック・病院HP制作/運用 ViCoS(ヴィコス)

安心の自院ドメイン

ドメインとは

「ドメイン」は、「◯◯.com」や「◯◯.jp」のように表記されるインターネット上の住所のことです。
全てのホームページは、それぞれ固有のドメインを持っており、ドメインの前に”http://”をつけたものをURLと言います。
当社(株式会社Vitaly)のドメインは「vitaly.jp」ですので、ブラウザに「https://vitaly.jp」と入力すれば、Vitalyのトップページが表示されます。

安心の自院ドメイン選び

ViCoSのクリニック・病院ホームページ制作では、先生方にお好きな自院ドメインを選んでいただきます。
ホームページを作るにあたって、ドメイン選びは「命名の儀式」であり、楽しみの一つです。
ドメイン名(例:◯◯◯.jp)の「.(ドット)」の前(◯◯◯の部分)と後ろ(jpの部分)に何を入れるか、じっくり考え、こだわりの自院ドメインを命名なさってください。
勿論、「ドメインの取得や設定はどうすればいいのか?」など、面倒な雑用に頭を悩ませる必要はありません。
ドメイン関連の一連の業務(取得・設定・管理)は、全て私達ViCoSチームが行いますのでご安心ください。
*「自院ドメインを変えたいけど、ホームページのURLに設定する方法がわからない」という先生も、お気軽にご相談ください。

「.(ドット)」の”前”

「.(ドット)」の前は、自由に命名できるスペースです。
自由度が高い分、何を入れるかがこだわり所になってきます。
たとえば「竹田医院」というクリニックの場合、そのままローマ字にした「takedaiin」にするか、英語にして「takedaclinic」とするか、はたまた「takeda」といったシンプルな形にするか。「takeda-iin」のようにハイフンを入れる形も含めれば、非常に多くのバリエーションが考えられます。

「.(ドット)」の”後ろ”

「.(ドット)」の”後ろ”には、「.com」「.jp」等といったドメインの種類(トップレベルドメインと言います)が入ります。
ドメインの種類には、「.com」や「.jp」「.info」「.net」など色々なものがありますが、ViCoSでは日本の国別ドメイン「.jp」を第一にオススメしています。
王道の「.com」ドメインも捨てがたいのですが、今では狙ったドメインの取得が難しくなってきており、また「com」の語源は「commercial」(商業)であることから、「.jp」に次ぐ2番手の位置づけとしています。
「大企業みたいにシンプルなドメイン(apple.com等)にしたいけど、きっとそんなドメインは取れないだろうし…」そんな先生方には、「.asia」や「.tokyo」ドメイン等、新しい種類のドメインがお勧めです。競争率の高いドメイン名でも空きのある場合があります。

メニュー