クロスヘルスEXPO2019 パネルディスカッションに登壇!~次世代病院をデザインする~【広報活動】

10月9日、クロスヘルスEXPO2019@東京ビッグサイトへ…。当社代表 竹田陽介が『医療の外から次世代病院モデルを考える~病院という“場”の新たなる可能性』をテーマに、デモレーターを努めた。登壇者には新しい病院形態を発信している下北沢病院理事長の久道勝也先生、いくつもの有名メーカーのマーケティング、ブランディンに携わっている奥谷孝司氏(顧客時間共同CEO/オイシックス・ラ・大地執行役員)と音部大輔氏(クー・マーケティング・カンパニー代表取締役)、そして宮城県石巻市で住民や地域の人材を巻き込んで東日本大震災の復興に取り組んでいる松村豪太氏(ISHINOMAKI2.0代表理事)という現役で活躍されている方々をお招きした。

 

【開催概要】
名称 クロスヘルス EXPO 2019
会期 2019年10月9日(水)~11日(金)
会場 東京ビッグサイト(西ホール)
交通アクセス
主催 日経BP
後援 厚生労働省、経済産業省、日本医師会

https://expo.nikkeibp.co.jp/xhealth/

 

十数年間、病院という空間でしか働いてこなかった私にとって、目から鱗の、180度発想が転換した勉強の場となった。

今の病院は『病院=病気を治す場』であり、機能的な役割は達成してはいるものの、そこから派生する患者さんを主体にした「ベネフィット」は与えられていないのが欠点である。患者さんや、地域住民にとって、「集いたい病院」「行くとイイことがある病院」そんな行ってみたくなる病院の仕組みを作ることが、新たな病院づくりの肝かもしれない。竹田代表がよく言う、「話そう!医学」。これが初めの一歩かもしれない。医療現場でのスタッフ同士の意思伝達エラーや、医師と患者との意思疎通の欠如は、すべてコミュニケーションエラーから発生している。「阿吽の呼吸で分かってくれるはず…」という受身的な医療は一昔前の働き方なのかもしれない。病院自身がもっと能動的に活動し、地域コミュニティーの一員として役割を果たせる「病院=みんなが集える質のいいスペース」が次世代モデルの病院の在り方なのかもしれない。(株式会社vitaly 長谷川由美子)

見つかりませんでした。
メニュー