歯ゲート

ヨッキーのおはなし

歯ゲートは、人体ランド正面にある入園ゲートでございます。

ゲート。
それも入園ゲートといえば、
みなさまはどのようなゲートを想像されますでしょうか?

人間のみなさま、
きっとみなさまがよくご存知の、東京ディズニーランドの入園ゲートを思い浮かべてください。

ディズニーランドの正面入り口に
半円形を描くようにずらっと並んだ入園ゲート。

左右に広がる沢山のゲートに、
訪れた大勢のゲストが次から次へと飲み込まれていく、あの光景でございます。

一般的に、ゲートというのはただ通過するだけのものです。
しかし、ワタシにとって、ディズニーランドの入園ゲートには特別な思い入れがありまして、
何度ディズニーランドに行っても、あのゲートを通るときは、いまだにドキドキしてしまうのです。

と言うのも、
あのゲートでは、ゲストが通過する度に、
シャラァン♪と、小気味よい音が鳴るのです。

係員さんにチケットを見せて、
バーを押しながらゲートを通過する、
まさにそのとき、シャラァン♪と。

まるで教会の鐘の音のように、
美しく響くその音を聞くと、
なにか自分が祝福をされてるようで、実に気分が良いのです。

ワタシは、あの音を聞くたびに、
「やった、ディズニーランドに来たぞ!」
と実感が湧いて、いくつになっても胸が高鳴るのでございます。

わが人体ランドにも、
歯ゲート、という素晴らしい入園ゲートがございます。

ディズニーランドと同じように、
毎日、沢山のゲストが、歯ゲートを通って人体ランドにご入園されます。

歯ゲート前では、混雑がピークになる時間帯でも、
ゲストのみなさまに、スムーズにご入園いただけるよう、
左右に広がる十分な数のゲートを設置しております。

どれだけ混雑しても、安全かつスムーズなご入園ができるように。
というのは、テーマパークとして、当然の配慮でございます。

当ランドでは、
みなさまの記憶に残る歯ゲートになればと、
ゲートにもう一つ、工夫を加えております。

歯ゲートを通るときに、どうぞ耳を澄ましてください。
カチン♪
と、澄んだ音色が響き、ゲストのみなさまのご入園を祝福いたします。

カチン♪
シンプルで澄んだ音色が心地よく、何回聞いても飽きません。

カチン♪
なんとも言えぬ、心安らぐ響きでございましょう?

竹田先生のおはなし

は、人体にとって入園ゲートです。

皆さんにとって、歯ってどんなイメージですか?
きっと多くの人が、歯イコール体に入るための入り口、というイメージを持っていると思います。

空気や食べものなど、色々なものが、
左右に広がる歯を越えて、人体の中に入ってきます。

カチン、カチン、とたまに小気味好い音を響かせて、
私たちの歯は、食べものを、しっかり切りわけ、整列させて、順序良く、口の中に招き入れてくれます。

人体ランドの歯ゲートは、
東京ディズニーランドの入園ゲートに良く似ています。

東京ディズニーランドの入園ゲートは、大変よく考えられた入園ゲートです。
その工夫に、人体の歯との共通点を感じて、私はいつも感心してしまいます。

ディズニーランド正面に、
左右に弧を描くように、いくつもの入園ゲートが並んでいます。
そのおかげで、混雑が緩和され、
毎日大勢のゲストが訪れるにも関わらず、
ゲート前で、入園待ちをすることがほとんどありません。
その働きは、左右16列の歯を効率よく使い、食べ物を口の中へ導く歯のようです。

入園ゲート前では
しっかり手荷物チェックを済ませ、安全を確認してから、一人ずつ順々にゲートを通って入園して行きます。
これは、人が有害なものを未然にチェックして、口に入れないよう気をつける行為を連想させます。
毒物や細菌、ウイルスなどは、そう簡単に人体に入ってこれません。

入園ゲートを通るときに鳴る「シャラン♪」という綺麗な音は、
ティンカーベルがゲストに魔法をかける音だと言われています。
そして、その音は、魔法が解けないようにと、退場ゲートでは鳴りません。
カチン、と歯と歯がかち合う音も、なんだか素敵に思えてきます。

ディズニーランドの入園ゲートと同じように、
毎日活躍している人体ランドの歯ゲート。
みなさんの歯ゲートは、今日も良い音を鳴らして、栄養素ゲストたちを歓迎できていますか?

ウィキペディア


歯(は、英: tooth)は、口腔内にある咀嚼するための一番目の器官。人体でもっとも硬く、遺体ではその治療状況によって人物の特定の重要な手掛かりとなる。人工歯と区別する意味で天然歯と言うこともある。多くの種類の構造を持ち、それぞれが異なる目的を果たす。歯学では、過去には歯牙(しが)と言ったが、現在は使わない傾向にある。
永久歯
6歳頃から永久歯が生え始める。人間の永久歯は大きく切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯の4種類に分ける事が出来る。現代人の歯は上下合わせて28本。親知らずを含めると32本である。切歯は中切歯、側切歯の2種類上下計8本ある。犬歯は上下計4本。臼歯は計20本存在し、小臼歯(第1小臼歯、第2小臼歯)と大臼歯(第1大臼歯、第2大臼歯、第3大臼歯)に分けられる。乳歯の脱落後に生えてくる、中切歯~第二小臼歯までを代生歯、第二生歯とよび、乳歯の存在しない大臼歯を加生歯と呼ぶ。まず、第1大臼歯(6歳臼歯とも呼ばれる)から生え始め、その後徐々に生え替わっていく。大体13歳頃には前歯から第2大臼歯までの28本が生えそろっている。第3大臼歯は生えてくるのが遅く、また、生えてこない事もあり「親知らず」(知歯/智歯)ともよばれる。
上顎:上顎中切歯、上顎側切歯、上顎犬歯、上顎第一小臼歯、上顎第二小臼歯、上顎第一大臼歯、上顎第二大臼歯、上顎第三大臼歯
下顎:下顎中切歯、下顎側切歯、下顎犬歯、下顎第一小臼歯、下顎第二小臼歯、下顎第一大臼歯、下顎第二大臼歯、下顎第三大臼歯
永久歯はきちんとケアをすれば死ぬまで使うことができる。また、高齢者への調査で、歯が多く存続しているほど活動的である事がわかっている。
(参考)Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/歯#.E8.84.8A.E6.A4.8E.E5.8B.95.E7.89.A9

メニュー