胃ズのアストロブラスター

ヨッキーのおはなし

胃ズのアストロブラスターは、男心を刺激するシューティングアトラクションでございます。

アストロブラスターといえば、きっと人間のみなさまは、ディズニーランドの”バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(通称:バズのアストロブラスター)”を思い浮かべるのではないしょうか?

ディズニーランドの真ん中右寄りにあるバズのアストロブラスターは、宇宙の戦士バズと共に光線銃で悪者達をやっつけて行く、悪者退治のシューティング系アトラクションでございます。

その悪者、どんなワルかといえば、宇宙の平和を乱す、おそろしい悪の帝王でして。
しかもバズとは血を分けた父子の関係だったりとか。
そんなマル秘エピソードもあったりするのです。

そう言えばワタシのパパも昔は恐怖の帝王みたいな存在でしたが、
年を重ねて、今ではだいぶ丸くなり、あまり怒らなくなりました。

この前、久しぶりに家族でディズニーランドに行った時、ワタシとパパふたりでバズに乗り込むことがありました。
昔から堅物だったワタシのパパ、最初は渋々という態度をしていたのですが、
いざ台に乗り込むと実に素早く光線銃を手に取ってスタンバイしまして、
良い年してワタシより高いスコアを叩き出したのです。
あんなに楽しそうなパパを見たのは久しぶりでございます。

人体ランドの胃ズのアストロブラスターも、パパが喜ぶシューティングアトラクションでございます。
こちらのパパは、もちろん蛋白質パパのことでございまして。
蛋白質パパのみなさまには、
頼れるみんなのヒーロー”胃ズ”と一緒に
光線銃でワルモノ退治をしていただきます。

ディズニーランドのバズと同じく、胃ズも男性ゲストに大変好評のアトラクションです。
胃ズを訪れた養素ゲストを見ておりますと、一番ノリノリで光線銃を撃っているのが蛋白質パパ、次に盛り上がっているのが脂質おじさん、女性陣の糖質ママやファイバー姉さんも楽しんでいただいているようです。
みなさま、胃ズのアストロブラスターに是非お立寄くださいませ。

(参考)ディズニー公式HP http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/tl/atr_buzz.html

竹田先生のおはなし

という臓器は、シューティングアトラクションみたいなものですよと。
そういうイメージで、これから人体ランドを読んでいただきたいというわけなのです。
胃そのもののイメージ
胃って
もしかすると
人体にある臓器のなかで
トップ3ぐらいに入る知名度の高さかもしれません。
そんなメジャーな胃について、
“胃のイメージはなんですか?”
と聞いてしまったら、
色んな答えがかえってきて
エラい目に遭いそうな予感がプンプンします。
今回は先に
胃の特徴を3つほど挙げておきます。
1.ドームみたいな形をした臓器
2.胃酸という武器で、細菌などのワルモノをやっつける。
3.ほぐす(消化する)ものは、主に蛋白質
読み終わった後に、
3つの要点がみなさんの記憶に残っていれば、
この臓器アトラクションを作った甲斐があるというものです。
TDLのバズのアストロブラスターと人体ランドの胃ズのアストロブラスター
胃ズのアストロブラスターのモデルとなったTDLアトラクションは、
“バズのアストロブラスター(以下:バズ)”です。
バズはですね
ドーム型の建物に入っているシューティングアトラクションでして。
宇宙の戦士バズと一緒に
アストロブラスター(光線銃)で悪者をやっつけるシューティングゲームなのです。
バズの出口付近を見ていると、
ご機嫌なパパさん達がどんどん出てくるという、
男性客に好評のエキサイティングな射的です。
そんなバズの3つの特徴は、
1.ドーム型の建物
2.光線銃という武器で、悪の帝王というワルモノをやっつける。
3.パパ(蛋白質パパ)も大満足
と、さっき挙げた胃の3つの特徴とオーバーラップするわけです。
“食道の先にある胃”と
“センターストリートを越えた先にあるバズ”という位置関係も似てますしね。
というわけで。
バズというシューティングアトラクションを胃になぞらえて
人体ランドの胃ズのアストロブラスターが誕生したのです。
みなさん、
これから胃という単語を見かけたら
蛋白質パパが射的を楽しんでいる胃ズの様子を思い浮かべてくださいね。

ウィキペディア


胃(い、英: stomach:スタマック、独: Magen:マーゲン)は消化器を構成する器官。
位置
・消化管の中で、食道の次に続き、十二指腸につながる。
・横隔膜の下に位置し、腹腔内に突出する。腹腔内に突出する臓器を腹腔臓器と言う。肝臓の左側に位置する。
・体表からは胸骨下縁、みぞおちの辺りに当たる。
構造
胃は消化管を成す管状の器官であり、入口と出口が狭く、途中がふくらんで袋状の構造になっている。
機能
・飲み込んだ食物をその後数時間程度まで貯留する。
・胃壁から分泌される塩酸(胃酸)によって、食べたものを酸性に保つことで殺菌し腐敗を防ぐ
・消化酵素のペプシンによって、タンパク質をペプトンと呼ばれるどろどろした水溶性の分解産物に消化する。
などの機能を持つ。
(引用元)Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/胃

メニュー