腎グルクルーズ

ヨッキーのおはなし

腎グルクルーズは、熱帯のジャングルの中にございます。

クルーズ。クルーズでございますよ。クルーズ。
今日みなさまにご想像いただきたいのは、あのトム・クルーズの新作映画。
ではなく、ディズニーランドのジャングルクルーズでございます。

ジャングルクルーズ。みなさまは乗ったことがありますでしょうか?
猛獣達が潜む広大なジャングル、その密林を蛇行しながら流れて行く川をボート探検するアトラクションでございます。
薄暗い木々の影から今にも何かが飛び出してきそうな、危険な香りがプンプンする熱帯をボートで進むのです。

そんなジャングルクルーズの名物といえば、なんといっても話術達者な船頭さんたちです。
「猛獣や人食い族に気をつけてね。生還率は10%だよ。無事に帰って来れるかな〜?」
「この川にはよくいらないものが捨てていかれるんだ。帰る時に子どもをおいてかないでね。」
と言って、ボートに乗っている子どもたちを脅かしてくるのです。

いたずらっ子だったワタシは怖くなって、行儀良く椅子に座り直してイイ子を演じたものです。
パパやママに捨てていかれないように。

さて。人体ランドの腎グルクルーズも「いらないものが捨てられる川」でございます。
ディズニーランドと同じように、熱帯のジャングルを流れる曲がりくねった川。

もっとも人体ランドの場合はアトラクションではなく浄水場として使っております。
といっても下水を流しているわけではありません。

人体ランドで使われて、いらなくなったキャストの衣装や建物のブロック、栄養素ボールなどを川に流して捨てるのです。
しかし不思議なもので。開業以来ずっと川の水はキレイに保たれているのでございます。

捨てられたキャストの衣装や建物のブロック、栄養素ボールなどは一体どこへ流れて行ったのでしょうか。
腎グルクルーズの不思議について、今度竹田先生に聞いてみましょう。

(参考)ディズニー公式HP http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/al/atr_jungle.html, Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/ジャングルクルーズ

竹田先生のおはなし

臓は、
いらないものを水に流して捨てる場所なのです。
腎臓そのもののイメージ
腎臓。
ちょっとマイナーな臓器になるんでしょうか?
昔わたしの患者さんで腎臓と肝臓を勘違いしていた人もいましたし。
うん、
ことばの響きだけだと、”か”んぞうと”じ”んぞうの1字違いですからね。
無理もありません。
腎臓がどういう臓器かといえば、人体の浄水場です。
毎日、大量の血液が腎臓で濾過されて、血液中の不要なものを尿に溶かして捨ててしまいます。
では
不要なものを捨てている、
というところに着目して作った人体ランドの腎グルクルーズのお話をしましょう。
東京ディズニーランドのジャングルクルーズと人体ランドの腎グルクルーズ
なぜジャングルクルーズをモデルにして
腎グルクルーズを作ったのか?
ジ(ャ)ングルクルーズという語呂の良さだけではないということをご説明します。
では。
まずはディズニーランドのジャングルクルーズ、
わたし的にイチオシのアトラクションです。
きっとみなさんも乗ったことありますよね?
熱帯の危険なジャングルをボートで探検していく船旅アトラクションです。
「この川にはよくいらないものが捨てていかれるんだ。帰る時に子どもをおいてかないでね。」
なんて船長キャストが子どもたちを脅かしたりして、面白トークで船旅を盛り上げてくれます。
で、
実は今回のポイントもここ
いらないものが捨てられる川
というところなのです。
ここが一番大切。
腎臓も同じように人体の不要なものを水に流して捨てています。
というわけで
いらないものを流して捨てる川、腎グルクルーズができあがったのです。
これから少しずつ腎グルクルーズにまつわるおはなしをしていきますのでお楽しみに。

ウィキペディア

腎臓
腎臓(じんぞう、kidney)は、泌尿器系の器官の一つ。 「肝腎」の言葉の通り、非常に重要な臓器の一つで、血液からの老廃物や余分な水分の濾過及び排出(尿)、体液の恒常性の維持を主な役割とする。
尿生成と排泄
腎動脈から送られてきた血液は、毛細血管を経由して腎小体(マルピーギ小体)に入る。 蛋白質以外の血漿成分は一度ボーマン嚢中に濾過される。その量は通過血液の10%で、濾過された液体は「原尿」と呼ばれる尿の原料となる。原尿は1日約200リットル作られるが、尿となるのは1.5リットル程で、残りは全て再吸収される。
尿細管
尿細管には糸球体から伸びる毛細血管が取り巻いていて、腎小体でボーマン嚢に排出された原尿の成分のうち、ブドウ糖のすべてと、水・無機塩類のほとんど(99%)とグリセリンなどその他の物質を再吸収する。
(引用元)Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/腎臓, http://ja.wikipedia.org/wiki/尿細管

メニュー