病院ホームページ制作 | 医師によるクリニック・病院HP制作/運用 ViCoS(ヴィコス)

病院とホームページ

みなさまも病院を選ぶ時って、慎重になりますよね?
実際に受診してみてから、
「こんなハズでは!」となるのも怖いですし、
最近は事前にホームページをチェックする機会も多いのでは?と、思います。

しかし、
事前にインターネットで病院ホームページを検索したとき、
どこかそっけなかったり、あまりに古めかしい感じの病院ホームページを見てしまうと、
「本当にこの病院で大丈夫なのかな??」
と不安に感じてしまった経験があるという方、私だけではないはずでございます。

見た目のデザインだけではなく、
診療内容に関する情報がほとんど掲載されていなかったり、
最終更新日が数年前!?とほったらかし状態だったり、
う〜ん、
どうして病院のホームページというものは、しっかりした良質のホームページが少ないのでしょうか?

ホームページとは

<以下抜粋>
Webサイト、もしくはそのトップページ。サイトのトップではないWebページをホームページと呼ぶこともある。また、Webブラウザを起動したとき最初に表示されるページ。

当初は、ブラウザ起動時に最初に表示されるページの意味だったが、転じてWebサイトのトップページのことを意味するようになり、さらに、Webサイト・Webページの同義語として用いられるようになった。

現在では、ブラウザ起動時表示ページは「スタートページ」と呼ぶのが一般的で、「ホームページ」をこの意味で用いられることはほとんどなくなった。初期の名残として、Webブラウザのメニューや設定に「ホーム」「ホームページ」という項目が残っている。

(参照)
IT用語辞典 e-Words http://e-words.jp/w/E3839BE383BCE383A0E3839AE383BCE382B8.html

ホームページ作成が難しいのはなぜ?

<以下抜粋>
まるで外国語!『HTML』
難しく感じる理由の二つ目は、使う『言葉』です。

日本人が日本語を話し、アメリカ人が英語を話し、中国人が中国語を話すように、
ホームページを作成するには、ホームページ専用の言葉を使用しなくてはなりません。

HTML。
今まで普通に生活してきたのであれば、絶対知らない言葉です(笑)
言葉と言うよりは、『暗号』と言ったほうが適切かもしれません。
とにかく意味不明な英語?のような文字がずらっと並んでいて、全く理解不能です。

ホームページビルダーなどのソフトを使ってキレイなホームページを作成するには、
このHTMLの知識を身につけることが必須条件です。

(参照)
ゼロからはじめるホームページ作成 http://homepage.dollsent.jp/index.php?なぜ、難しいのか

そう言えば、
先日、私の友達が
「11時に受診予約を取ったのに、結局12時の診察になった!」
と、話しておりました。

う〜ん、
人気のある病院ほど、朝から患者さんがいっぱいで順番が遅れ、
先生はお昼休みの時間帯にまで診療しているのでしょうなぁ。

そんなに忙しい状況では、病院ホームページの更新や管理にまで手が回らなくても仕方ないのかもしれません。
でも、できることなら、
一生懸命患者さんの命を守ってくださっているお医者さんの姿こそ、病院ホームページに載せてほしい情報だと思うのです。

ViCoSでは、医師のプロフェッショナリズムに焦点を当てた病院ホームページ作りをしているようです。
臨床医のプロフェッショナリズムを伝えるホームページ、どんな病院ホームページが出来上がるか、楽しみですな。

メニュー