病院とダウンロード

みなさま、「ダウンロード」という言葉を聞いて、何を思い浮かべます?

私ですか?
私は、パソコンです! ITです!
ふっふっふ!
これはさすがに私でもIT用語だと分かりますよ!!
インターネットで、
「ダウンロード」のボタンをクリックすれば、
欲しい情報がまとめて自分のパソコン内にやってくる!
あの便利な機能のことですよね!!

ダウンロードの便利さ、
それをよく実感するのは、例えば「引っ越しの時」でしょうか?
引っ越しするときには、
誰でも、役所でたくさんの書類を書かないといけません。
転出届、転入届、住民票の写しの請求書などなど、意外と面倒です。

しかも、あの類の書類って、
その場で記載すると、結構な時間がかかって大変ですよね。

バタバタと役所にやってきて、急いで記入して、さぁ提出!
ああっ、印鑑忘れてきた!!!(泣)

せっかく平日に時間を作って役所に出向いたのに、
慌てていたせいで、二度手間になってしまった、
そんな悲しい経験、ありませんでしたか?

最近では、役所のホームページから、
様々な書類を「ダウンロード」することができるようです。
直接行かなくても、必要な書類を簡単に手に入れることができるので、ラクチンです!
「ダウンロード」という機能のおかげで、
休みの日に、自宅でゆっくりと引っ越し書類の記入ができるのです。

おっと、今日のお題は「病院とダウンロード」でしたな。
病院のホームページから、どんなものが「ダウンロード」できると、便利なのでしょうか?

ダウンロードとは

ダウンロードとは、ネットワーク上に存在する情報(データ)を手元のコンピュータに転送する
操作を指します。逆に、自分のコンピュータの情報をインターネット上のサーバーにコピーすることをアップロード(upload)といいます。
例えば、以下のように表現されます。
例1)ソフトウェアメーカーは、ソフトウェアの更新ファイルなどを自社のホームページ上にアップロードし、ユーザはそのファイルをダウンロードする。
例2)デジタルカメラで写真を撮った人が、インターネット上の「ストレージサービス」と呼ばれる自由に使える領域に、撮った写真をアップロードし、友人たちがその写真をダウンロードする。

(参照)
OCN インターネット用語辞典
http://www.ocn.ne.jp/support/words/ta-line/83_83E8393838D815B83h.html

ネットワーク上の情報を、
手元のコンピュータに転送できるなんて、
ダウンロードって、本当に便利な機能ですよね!

そうそう、
子持ちのお友達が言っていたのですが、
各種予防接種の問診票は、1人1枚ずつ必要なので、
3つ子ちゃんの母親である彼女は、毎回3枚ずつ書く羽目になるんだそうです。

病院に来院してから、問診票を書きあげるのは大変、と嘆いていました。
子供達から目を離さぬよう、周りに気を配りながら、
問診票を何枚も書きあげるなんて、かなりの労力を要するのでしょう。

ある病院では、ホームページから、診察申込書や問診票をダウンロードできるそうです。
患者さんの病院に対する不満で、いつも上位に挙げられるのが「待ち時間の長さ」です。
その不満を少しでも解決するため、
問診票をダウンロードできるようにして、
事前に記入してもらうことで、
待ち時間の短縮を図っているのだとか。

問診表を記入するのは、お母さんでなくても大変ですものね。
自宅でゆっくり記入できるなら、ドクターに聞きたいことを忘れるなんてことないかも知れません。

最近では患者さんのために、
問診票のダウンロードなど、インターネットを積極的に活用する病院も増えてきたようです。
こうした新しいIT技術を、すぐに病院ホームページに導入することは、
病院関係者のみなさまから、私たち患者側への温かい心遣いなのでしょう。

ViCoSでは、
IT技術を活用して、心遣いの伝わる病院ホームページ作りに取り組んでいます。
病院関係者のみなさま、ViCoSと一緒に、患者さんのための病院ホームページを作って行きませんか?

メニュー