志村けんさんの死から見る喫煙リスク【COVID-19】

タレントの志村けんさんが29日午後11時10分、都内の病院で死去。70歳でした。
日本中のお茶の間にたくさんの笑いを届けてくれた志村けんさんの新型コロナウイルスによる死は、多くの方がショックを受けたと思います。
志村けんさんはタバコもお酒も以前よりは控えていたそうですが、喫煙による重症化リスクは高いようです。
治療に使われた人工心肺装置「ECMO」は低下した肺の機能を人工肺で補う装置で、重症肺炎により肺での酸素の取り込みができなくなった患者に用いられ、自分の肺の機能が回復するまで肺の機能の代わりを担います。
つまり時間稼ぎをしているだけなので、最新治療を施しても、タバコによって肺の力が弱まっていれば危険なのです。
4月からは受動喫煙防止条例も開始します。
禁煙は、自分の身だけでなく、周りの人を守ることにもつながります。

Vitaly広報 浜崎

メニュー