【第64回 日本心臓病学会】@東京国際フォーラム

今日は、心臓病学会ポスターセッションにて「心臓病患者はどのような情報を元に医療機関を選択するのか? ~ホームページ情報発信に対するresponderとnon-responderの比較~」と題した発表をさせていただきました。

我々がこれまで報告してきた医療機関におけるインターネット情報発信によるファン作り効果(患者数増加、求人応募数増加)を一段掘り下げ、
「ファンとなってアクション(受診)を起こすユーザーと起こさないユーザーは何が違うのか?」という問題について、アクセス解析によるユーザー行動分析を元に検討しました。
ポスターセッションが終わっても多くの先生が足を止めて質問してくださり、注目度も上々。用意していた配布プリントも無事売り切れました。

今回は我が社としては記念すべき心臓病学会での初演題であり、弊社設立年から多大なご協力をいただいている神戸みどり病院の室生先生と記念の一枚を撮っていただきました。
民間ベンチャーである我々が、こうやって充実研究発表できるのも、神戸みどり病院や循環器physical examination講習会でお世話になってる室生先生を始めとした多くの先生方のご協力があってこそ。
今後も臨床の最前線で活躍される先生方に有意義なとリサーチ結果をフィードバックできるよう、スタッフ一同精進いたします!

メニュー